協会概要


名称

栄養睡眠カウンセラー協会


理念

「人々の睡眠意識を改革することで日本人の健康維持に貢献し、日本を元気にする」


設立目的

厚生労働省の発表によると、2018年度の医療費は42.6兆円で過去最高を更新し、2040年には66.7兆円になると予想されています。

日本で問題になっている病気の代表は「ガン・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・精神疾患」の五大疾病ですが、近年の研究で、この全ての病気に睡眠不足が大きく関わっていることがわかってきました。

特に、近年増加の一途をたどり続けている「うつ病」は、睡眠時間の低下に大きく影響を受けます。

 

しかし、OECD(経済開発協力機構)の2020年の調査では、日本人の睡眠時間は加盟国の最下位でした。また、2018年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると、20歳以上の平均睡眠時間を調査した結果、理想的な睡眠時間(7~8時間)をとれているのは全体の27.4%で、7割以上の日本人が睡眠不足の状態で暮らしているという衝撃の事実が浮かび上がってきました。

 

睡眠不足により集中力が低下し、創造性や協調性、仕事に対するモチベーションも同時に下がります。そのため企業の生産性も低下し、病気以外にも様々な社会的損失を生み出すことに繋がるのです。

国際シンクタンクであるランド研究所ヨーロッパの2016年のレポートによると、日本の睡眠負債による社会的損失は年間15兆円で、GDPとの比較では、調査した先進国5か国の中でトップと言う不名誉なランキングも発表されているのです。

 

日本国民が健康を維持し、仕事の生産性を向上させ、日本の元気を取り戻すには、睡眠に対する意識改革が欠かせません。

 

「睡眠に対する意識を改革し、日本を元気に」

 

栄養睡眠カウンセラー協会は、栄養と睡眠に関する正しい知識を拡げるため、各種セミナーや研修会を開催するとともに、意識改革のための情報を発信できる人材を育成し、日本の未来のために貢献できる団体を目指します。


業務内容

■カウンセラー育成
■個別睡眠カウンセリング
■企業研修・講演・セミナーの開催
■サロン等の睡眠メニュー開発
■メディアへの情報発信


事務所

〒542-0081

大阪市中央区南船場4-10-5

南船場SOHOビル702


医療顧問

藤田聖子

■平成4年 関西医科大学卒業
■平成6年 関西医科大学附属病院(関西医大病院)第3内科(消化器肝臓内科)入局
■平成7年〜関西医大 大学院第3内科学講座にて肝臓での薬物代謝(P450)の研究に携わる
■平成16年〜関西医大病院にて非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の研究と診療に携わる
■平成21年〜日本製鉄(旧・新日鐵)株式会社 関西製鉄所産業医(現在、堺診療所所長)
■平成24年〜医療法人藤田医院院長

藤田医院にて一般内科の診療に携わるとともに、産業医として、社内の禁煙推進活動、メンタルヘルス対策、メタボリック症候群に対する生活指導、生活習慣病の治療などを行っている。

主な資格
日本糖尿病協会登録医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル


経営顧問

飯島隆

某メーカーにてトップセールスとなった後、マーケティング、プロダクトマネージャーを経て、アパレル営業部長、東証一部企業のプロモーション担当役員、広告代理店の役員を歴任。

 

■(株)飯島コネクト&パートナーズ 代表取締役

■(株)Casita Communications 代表取締役

■   Colors Online Shop 代表

■   Atta Online Shop 共同経営者

■(株)JCW 取締役

■(株)TAG 取締役

■   セントラルポイント(株)社外取締役

■   市議会議員政策顧問

■(株)共立メンテナンス 顧問

■   一般社団法人日本洗車ソムリエ協会 顧問

■   KAI CarWash 顧問

■   U&i Enterprise 顧問

■   プライベートジム STARTLINE 顧問

■(株)ウィルコミュニケーションデザイン研究所 顧問

 

現在、YouTuberとしても活動中

「イイジマンの大黒チャンネル」


1967年生まれ、大阪府出身